メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆忌全国俳句大会

141人が530句 北区 /京都

 俳句を通して非核、平和を訴える「第52回原爆忌全国俳句大会」(実行委員会主催、毎日新聞京都支局後援)が9日、京都市北区の立命館大国際平和ミュージアムで開かれた。全国141人から530句の応募があり、毎日新聞京都支局賞に京都市の伊藤哲英さんの「平和行進自分の影を見て歩く」が選ばれた。

 大会では各賞の表彰が行われ、「戦争や核…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文258文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 金箔瓦 岡崎城に黄金の葵 徳川・歴代最古
  5. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです