メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風景を歩く

国宝善福院釈迦堂 2度の宗旨変え余儀なく /和歌山

晩夏の青空にひさしの反りが美しい=和歌山県海南市下津町梅田で

 海南市下津町梅田の善福院釈迦(しゃか)堂の扉は開かれていたが、風通しは期待できそうになかった。飲み口を南向きに倒した徳利(とっくり)の中にいるような具合で、南から吹いてきた風はここにとどまるしかないのだろう。

 ふところはことごとくみかん山。陽の光がまんべんなく注ぐために、下津のミカンはあま~く太るのである。

 面会を予約していたので、住職さんが扉を開けて風を通してくれていたのである。短パンとTシャツといった…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文995文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです