メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

肱川治水 10年3段階で実施 四国整備局と県、緊急対策発表 /愛媛

 国土交通省四国地方整備局と県は、西日本豪雨による肱川の氾濫の再発防止に向けた肱川緊急治水対策を発表した。10年間までの3段階で実施し、野村ダム、鹿野川ダムの操作規則の変更などに取り組む。

 緊急的対応としては、予備費の使用による河道掘削と樹木撤去や、ダムについて切迫感のある放流警報の試行などに着手。…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです