メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊予美人

ブランド里芋の出荷始まる 四国中央 /愛媛

「伊予美人」を選果する女性たち=愛媛県四国中央市土居町蕪崎のJAうま川下経済センターで、近藤隆志撮影

 JA全農えひめのブランド里芋「伊予美人」の収穫・出荷が四国中央市土居町蕪崎のJAうま川下経済センター選果場で始まった。京都、大阪の市場では10日、1箱(約10キロ)で形の良い「秀」3500円、「優」が2500円の初値がついた。おせち向けの12月をピークに、来年5月まで続く。

 町内の80アールで3トン出荷を目標に栽…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文394文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです