メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 農林水産業が盛んな北海道の地震は、スーパーなど店頭の食品にも影響を及ぼしている。生乳の廃棄が相次いだため一部の乳製品は欠品が出る見込みだ。道産に頼る品が多い野菜は台風も相まって、供給が減って価格の高止まりが続く。豊漁だったサンマも一時的な不漁が重なり、一転、全国的に高値傾向となっている。

     農林水産省は10日、道内にある39の乳業工場(1日の処理量2トン以上)が全て操業を再開したと発表した。一時は37工場が停止した。ただ「通電したが生産が再開できていない」(大手乳業メーカー)工場もあり、完全復旧とは言い難い。

     明治は全工場で生産を再開したが、一部のチーズや牛乳など4製品の販売停止について量販店に通知を始めた。雪印メグミルクも地域や製品によっては品不足が生じる恐れがある。

     東京・大田市場では北海道産ジャガイモやニンジン、タマネギの入荷量が1週間前に比べて2~4割減少している。この時期は「多くの野菜が北海道に頼っている。価格への影響は注視している」(農水省担当者)。

     サンマは地震の直前から漁獲が激減した。築地市場の北海道産サンマは10日、取扱量が25トンで、1週間前に比べると2割未満に減った。中心的な卸価格も2・5倍超となった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
    4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
    5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです