メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

変わる上海に興味・関心を=片山和之・上海総領事

 2015年8月に上海に赴任して3年が過ぎた。1980年代前半の北京留学を皮切りに5度目の中国滞在となる。初めての中国南部での勤務だが、上海にいると北京とは異なる日中関係の一面が見えてくる。上海は地方自治体や経済、文化面で、中国との交流のゲートとして極めて重要な役割を果たしている。今年は日中平和友好条約締結40周年、また中国の改革開放政策の実施から40周年という節目に当たり、関係が改善基調にある中、上海で起きているさまざまな変化に一層関心を高める必要がある。

 上海と日本の結びつきは強い。在留邦人数、日系企業の拠点数、日本人学校の生徒数のどれをとっても世界最…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1254文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです