メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック

自民党総裁選・2001年 小泉旋風、大派閥破る

新総裁に選出され、橋本龍太郎行革担当相と握手する小泉純一郎元厚相(中央)=自民党本部で2001年4月、竹内幹撮影

 2001年4月の自民党総裁選は、小泉純一郎元厚相が、地方組織が実施した予備選での地滑り的勝利を背景に、圧倒的に有利とみられた最大派閥・橋本派の橋本龍太郎行革担当相(元首相)を破る劇的な展開となった。

 内閣支持率が10%を切った森喜朗首相の退陣表明を受けた総裁選。夏の参院選の「顔」を選ぶ場で、河野グループの麻生太郎経済財政担当相、江藤・亀井派の亀井静香政調会長を含む4人が争った。

 橋本派は、100人超の国会議員を抱え、地方党員の3分の2を占める業界団体にも強い影響力があった。一…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文570文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです