メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

死者数食い違い、菅氏「公表に時間差」

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、北海道地震の犠牲者数などが政府発表と北海道の発表で異なることについて「情報を把握して公表するまでにタイムラグ(時間差)があるためだ」と説明した。

     菅氏によると、政府は被害の早期把握のため警察、消防などの最新の数字を集約して発表。道については「関係機関から(情報が)上がる間にタイムラグがあり、(一時的に)違うことはあり得る。最終的に同じ数字になると思う」と述べた。

     今回の地震では安倍晋三首相が7日午前の関係閣僚会議で死者を「16人」と発言したが、午後に菅氏が「死者9人と心肺停止7人」に訂正。その後も首相官邸の発表の方が北海道より多い事態が続いていた。【高橋克哉】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです