メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

印パ核実験から20年 関係改善、若い世代に期待=松井聡(ニューデリー支局)

パキスタン総選挙で野党優勢となり喜ぶ若者たち。若い世代が政権交代の原動力になった=イスラマバードで7月26日、松井聡撮影

 1998年にインドとパキスタンが核実験を相次いで実施してから20年を迎えた。両国の核兵器保有は、英領からの分離独立以来、70年以上続く対立の象徴だ。印パ関係は中東和平とともに「世界で最も解決が難しい問題」とも言われる。残念ながら、関係改善も非核化も当面望めそうにない。核弾頭や弾道ミサイルなどの増強競争は今後も続くだろう。しかし、分離独立の悲劇を「体験」しておらず、憎しみを抱かない若い世代が、関係改善の糸口をつかむ可能性があると期待している。

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文2031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. シェアハウス 就労も手助け 母子世帯が共同生活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです