メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

印パ核実験から20年 関係改善、若い世代に期待=松井聡(ニューデリー支局)

パキスタン総選挙で野党優勢となり喜ぶ若者たち。若い世代が政権交代の原動力になった=イスラマバードで7月26日、松井聡撮影

 1998年にインドとパキスタンが核実験を相次いで実施してから20年を迎えた。両国の核兵器保有は、英領からの分離独立以来、70年以上続く対立の象徴だ。印パ関係は中東和平とともに「世界で最も解決が難しい問題」とも言われる。残念ながら、関係改善も非核化も当面望めそうにない。核弾頭や弾道ミサイルなどの増強競争は今後も続くだろう。しかし、分離独立の悲劇を「体験」しておらず、憎しみを抱かない若い世代が、関係改善の糸口をつかむ可能性があると期待している。

この記事は有料記事です。

残り1808文字(全文2031文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです