メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

建国70年 バランス模索 米に配慮、中韓と「友好」

建国70周年を迎えた9日夜に披露されたマスゲーム。「4.27宣言 平和の時代、歴史の出発点から」と表示された=平壌で2018年9月9日、渋江千春撮影

 【平壌・渋江千春】北朝鮮は建国70周年を迎えた9日、平壌の金日成(キムイルソン)広場で大規模な軍事パレードを実施した。しかし大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの核戦力は誇示せず、トランプ米大統領も同日、ツイッターで「非常に前向きな意思表示だ」と評価した。北朝鮮としては米国に対して非核化の意思と矛盾しない配慮を見せるとともに、中国や韓国とは友好ムードを鮮明にし、関係国とのバランスを模索したとみられる。

 軍事パレードの際、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の横で観覧したのが、中国共産党序列3位の…

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです