メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IWC総会

開幕 日本、商業捕鯨再開提案 反対国と論戦へ

 【フロリアノポリス(ブラジル南部)共同】クジラの資源管理を議論する国際捕鯨委員会(IWC)総会が10日、ブラジルのフロリアノポリスで開幕した。日本は資源が豊富な一部鯨種の商業捕鯨の再開を提案しており、14日の閉幕にかけて反捕鯨国と激論が繰り広げられそうだ。

 開幕日午前の日程では谷合正明副農相が「十分な資源量が科学的に証明されているのに捕鯨を全面否定するのは、委員会の根拠条約の趣旨に反する」と強調した。一方、オーストラリアの出席者は商業捕鯨の再開を支持できないと表明し、早くも対立が浮き彫りになった。

 日本は一部の商業捕鯨の再開を、IWCの決定手続きの要件緩和と併せて提案しており、一括での合意を目指…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文839文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです