メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

3%成長、楽観できず 貿易や地震、不安材料 4~6月上方修正

 内閣府が10日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・7%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で3・0%増と、速報値(1・9%増)から大幅に上方修正された。ただ、景気の先行きはトランプ米政権が仕掛ける世界的な貿易摩擦による輸出停滞や、北海道の地震など災害多発に伴う悪影響も懸念され、楽観できない。【大久保渉】

 GDPが年率3・0%増を記録したのは、16年1~3月期(3・4%増)以来で、2年3カ月ぶりの高い成…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文964文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです