メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

3%成長、楽観できず 貿易や地震、不安材料 4~6月上方修正

 内閣府が10日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・7%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で3・0%増と、速報値(1・9%増)から大幅に上方修正された。ただ、景気の先行きはトランプ米政権が仕掛ける世界的な貿易摩擦による輸出停滞や、北海道の地震など災害多発に伴う悪影響も懸念され、楽観できない。【大久保渉】

 GDPが年率3・0%増を記録したのは、16年1~3月期(3・4%増)以来で、2年3カ月ぶりの高い成…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文964文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです