メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

最大広告会社WPPの利幅低下=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 9月3日、世界最大の広告会社WPPのCEO(最高経営責任者)にマーク・リード氏が就任した。4月に突然退任した前任者マーティン・ソレル氏は在任32年の間に英国巨大持ち株会社の傘下に400余の事業会社を置いた。

 リード氏は就任にあたって漸進主義を掲げた。広告業は個々のブランド維持に取り組む事業会社への貢献によって成立する。WPPが巨大持ち株会社を作ったのは、同一産業で複数の顧客契約維持のため、仕分けした事業会社を傘下にぶら下げるためだ。

 2016年にWPPの売り上げに変化が起きた。米国を中心とする巨大消費財企業の広告予算縮小が始まった…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです