メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 さあ前へ、再生誓う音色 大船渡・ストリートピアノ 地元高校生、ペイントで表現

 誰もが自由に弾ける「ストリートピアノ」が、岩手県大船渡市の市防災観光交流センターで温かい音色を響かせている。鹿児島県内の商店主らでつくる街づくり団体「ストリートピアノJAPAN」が、東日本大震災の被災地の復興を音楽の力で後押ししたいと寄贈したアップライトピアノだ。地元の高校生が地域の再生を願うデザインを考案し、外観を塗装した。子どもも大人も鍵盤をたたけば、人の輪ができてゆく。【三瓶杜萌】

 8月29日、センターのピロティでストリートピアノのお披露目式があった。ピアノは6月のセンター全面開…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1173文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです