メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

望郷の念、帰還見えず 「取り残された」心迷い(その1)

避難指示区域の6町村の現状と特定復興再生拠点区域

福島6町村、避難指示区域に復興拠点

 東京電力福島第1原発事故で福島県内11市町村に出された避難指示は、原発立地の大熊・双葉両町を除く9市町村で順次解除された。しかし、放射線量の高い帰還困難区域が7市町村で残り、原発事故から7年半の今も立ち入りは制限されたままだ。帰還困難区域に人が住める日を目指して、6町村は「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の計画を策定した。しかし、避難指示の解除目標は2022年春から23年春までとまだ先で、帰還を望む住民たちは「取り残された」との思いを抱く。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです