メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

望郷の念、帰還見えず 「取り残された」心迷い(その1)

避難指示区域の6町村の現状と特定復興再生拠点区域

福島6町村、避難指示区域に復興拠点

 東京電力福島第1原発事故で福島県内11市町村に出された避難指示は、原発立地の大熊・双葉両町を除く9市町村で順次解除された。しかし、放射線量の高い帰還困難区域が7市町村で残り、原発事故から7年半の今も立ち入りは制限されたままだ。帰還困難区域に人が住める日を目指して、6町村は「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の計画を策定した。しかし、避難指示の解除目標は2022年春から23年春までとまだ先で、帰還を望む住民たちは「取り残された」との思いを抱く。

この記事は有料記事です。

残り2986文字(全文3227文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです