メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

流行をボトムスに 落ち着いた色味、試して

<1>

 ボルドーやマスタード、深いグリーン--秋冬ものの並ぶ店頭は、鮮やかに彩られている。ヒョウなどアニマル柄も人気だ。これらの流行を大人が上手に取り入れる方法を提案する。

 「ちょっとした差し色ではなく、鮮やかな色柄を前面に出したアイテムが多いのがこの秋冬の特徴です」と、高島屋のMD本部バイヤー、大久保恵美さんは話し、こうしたトレンドをスカートやパンツのボトムスに取り入れることを勧める。顔の近くに持ってくると、顔とのバランスを考える必要があり、普段使っている口紅の色が合わない、といった悩みも出てくる。その点、ボトムスなら心配無用だ。「似合わないと感じている色もスカートやパンツで試してみてください」

 例えば写真[1]のパンツ。「ピンクのパンツ」と聞くと買うのに抵抗を感じるかもしれないが、ピンクでも…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです