メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

流行をボトムスに 落ち着いた色味、試して

<1>

 ボルドーやマスタード、深いグリーン--秋冬ものの並ぶ店頭は、鮮やかに彩られている。ヒョウなどアニマル柄も人気だ。これらの流行を大人が上手に取り入れる方法を提案する。

 「ちょっとした差し色ではなく、鮮やかな色柄を前面に出したアイテムが多いのがこの秋冬の特徴です」と、高島屋のMD本部バイヤー、大久保恵美さんは話し、こうしたトレンドをスカートやパンツのボトムスに取り入れることを勧める。顔の近くに持ってくると、顔とのバランスを考える必要があり、普段使っている口紅の色が合わない、といった悩みも出てくる。その点、ボトムスなら心配無用だ。「似合わないと感じている色もスカートやパンツで試してみてください」

 例えば写真[1]のパンツ。「ピンクのパンツ」と聞くと買うのに抵抗を感じるかもしれないが、ピンクでも…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1498文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです