メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

『塩の行進』のこころ=酒井佐忠

 春日いづみの最新歌集『塩の行進』(現代短歌社)を手にする。歌人は聖書翻訳にとり組む敬けんなクリスチャン。長く岩波ホール上映作品のシナリオ採録も続けてきた。すべての人間に向ける差別のない眼差(まなざ)しと祈りをこめた一巻だ。

 <三月の春のあけぼの杖を手にガンジーの発ちし「塩の行進」>。歌集名になった一首。1930年3月、マハトマ・ガンジーは英国植民地政府による塩の専売に反対した。インド人による塩の生産の自由化を求めて、南部の海岸を目指して支援者たちと380キロの…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです