メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

稀勢、耐えて連勝

稀勢の里(左)が突き落としで貴景勝を降す=東京・両国国技館で2018年9月10日、玉城達郎撮影

2日目(10・両国国技館)

 8場所連続休場から再起を期す横綱・稀勢の里は小結・貴景勝の攻めをしのいで初日から2連勝した。稀勢の里は幕内通算706勝目で、歴代7位の武蔵丸に並んだ。現役ではこの日、勢を破って歴代1位の988勝目を挙げた横綱・白鵬に続いて2位。他の横綱・大関陣も安泰で、カド番の栃ノ心は豊山を力強い相撲で降し、豪栄道は小結・玉鷲を退けて今場所初白星。関脇・御嶽海は、千代大龍の突き押しを耐えて2勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1455文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです