メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里(左)が突き落としで貴景勝を降す=東京・両国国技館で2018年9月10日、玉城達郎撮影

2日目(10・両国国技館)

 8場所連続休場から再起を期す横綱・稀勢の里は小結・貴景勝の攻めをしのいで初日から2連勝した。稀勢の里は幕内通算706勝目で、歴代7位の武蔵丸に並んだ。現役ではこの日、勢を破って歴代1位の988勝目を挙げた横綱・白鵬に続いて2位。他の横綱・大関陣も安泰で、カド番の栃ノ心は豊山を力強い相撲で降し、豪栄道は小結・玉鷲を退けて今場所初白星。関脇・御嶽海は、千代大龍の突き押しを耐えて2勝目を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです