メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

娘の幼なじみ、思い継ぎ ジャズ喫茶、カフェで復活 宮城

前オーナーの玉田国昭さんが愛用していたコーヒーポットを使う半沢由紀さん=宮城県名取市で2018年8月31日、早川夏穂撮影

 東日本大震災の津波でオーナーを失った宮城県名取市のジャズ喫茶「Jazzinパブロ」がカフェとして復活した。新店長は前オーナーの娘の幼なじみで、自身も震災で母親を亡くした半沢由紀さん(31)。前オーナーのこだわりを残す店は地域の新しい憩いの場となっている。【早川夏穂】

 新しいカフェの名前は「COFFEE&SESSION PABLO(パブロ)」。蔵造りの建物の扉を開けると、半沢さんが笑顔で迎えてくれた。

 ジャズ喫茶「パブロ」は前オーナー、玉田國昭さん(当時60歳)が開いた。こだわりのコーヒーと1000…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文737文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです