メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

活動5年「TANBA STYLE」 進取の伝統、我らがつなぐ

丹波焼のブランド「TS」の特徴である伝統技法「しのぎ」を施すTANBA STYLE委員長の田中聡さん=兵庫県篠山市で、御園生枝里撮影

丹波焼に新風 8人衆

 800年以上の歴史があり「日本六古窯」(注)の一つに数えられる丹波焼。兵庫県篠山市今田町の四斗谷川周辺を中心に約60軒の窯元が並ぶ。丹波焼の魅力を広めようと作家8人が「洋食の器」をテーマに活動する「TANBASTYLE」を始めて5年。6年目の今年は丹波焼の歴史や技術を改めて学びたいと、勉強会を始めた。活動の今を知りたいと現地を訪れた。【御園生枝里】

この記事は有料記事です。

残り2193文字(全文2379文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです