メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読んであげて

だれもしらない絵本の話/10

だれもしらない絵本の話 10

 <広げよう おはなしの輪>

    ぶん 北川きたがわチハル  おかいみほ

     ほんもりしょかんにやってくるどもたちも、ほんたちが、えるけんがつきました。

    「ねえ、シオリさん、ぼくのおりのほん、どうして、今日きょうもないの?」

    「あたしがりたいほんもないよ」

    「オレのも!」

    「だれかが、りているの?」

    「いつもどってくる?」 

     シオリさんは、カウンターのきかいで、ほんのデータをあわててしらべました。

    「へんねえ、だれもりていないはずなのに、こんなにいくつもほんがみあたらないなんて……まいごになっちゃったのかしら?」

     こどもたちは、くちをとがらせました。

    「なんでほんが、まいごになるんだよう?」

    「それに、どうして、にんのあるほんばっかり、なくなるの? つまんない!」

    「そうよねえ。ごめんなさい、とにかく、ほんさがしておくわ」

     このさわぎをたなのかげからわらってながめるものがあることに、だれもづきません。

     シオリさんは、カウンターのはしのたなからほんさがしをはじめました。そこへ、しょてんのブーフさんが、はいたつにやってきました。

    「シオリさん、どうかしたのですか?」

    「じつは……」

     シオリさんのはなしをきくと、ブーフさんは、うでみして、うなりました。

    「う~ん。つまり、カウンターつづきをしていない、どもたちににんのあるほんばかりがなくなった、ということですね。ところでシオリさん、さいきん、ブザーはりましたか?」

     ほんもりしょかんには、カウンターでつづきをしていないほんをもちだすと、ほんうらびょうにはられたバーコードがゲートのセンサーにはんのうし、ブザーがる、というしくみがあります。

     シオリさんは、くびをふりました。

    「いいえ。ですからきっと、ほんかんないのどこかにあるとおもうんですが……」

    「わかりました。今日きょうからぼくがごとあいにここへきて、ほんさがすお手伝てつだいをしましょう」

    「ありがとうございます、たすかります」

     シオリさんは、うるんだひとみでブーフさんをみつめました。ブーフさんも、でれっとしながら、シオリさんをみつめました。


     ニュースサイトでも読めます

     https://mainichi.jp/yonde/

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです