メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

500円の小遣い 長崎県大村市・岩瀬五十鈴(67歳)

 昭和40(1965)年ごろ、私は島に住んでいた。石炭の島で炭鉱関係者を中心に多くの人が生活していた。島の学校は中学までで、私の同級生の大半は集団就職で島から離れていった。

 私は仲の良かった友達数人と船と汽車を乗り継いで高校へ通うのが楽しみだった。そんな中、同じ高校に通う親たちが集まり、子供たちの小遣いを1カ月500円と決めたらしい。

 高校1、2年の時はその小遣いで過ごせたが、高校3年になると補習も増え、帰りも遅くなる。腹もすき、帰…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文595文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです