メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農水省

輸入小麦の価格2.2%上げ 少雨で収穫減少

 農林水産省は11日、今年10月期(10月~2019年3月)の輸入小麦の政府売り渡し価格について、主要5銘柄の平均で今年4月期に比べ2.2%引き上げ1トン当たり5万5560円にすると発表した。米国などで少雨による収穫減少が懸念され、小麦の国際価格が上昇したことが要因。値上げは4期連続となった。

     売り渡し価格は半年ごとに見直す。今回の値上げの影響額について農水省は、食パン1斤で0.1円、家庭用の小麦粉(薄力粉)1キロで3.8円の上昇になると試算した。原油高で海上輸送の運賃が値上がりしたことも影響した。

     日本は小麦の需要量の約9割を外国から輸入している。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
    4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです