メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

76歳医師、避難者の健康支え 浪江

身ぶりを交え、患者に説明する関根俊二医師(左)=福島県二本松市油井の仮設津島診療所で2018年9月11日、高橋隆輔撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故以来、避難生活を強いられている福島県浪江町津島地区の住民たちを支える医師がいる。関根俊二さん、76歳。21年前に同地区の津島診療所に赴任し、内陸に約30キロ離れた同県二本松市の仮設診療所で診察を続けている。長引く避難生活の中で健康を害したり、伴侶を亡くしたりした住民は多い。東日本大震災から7年半の11日も、笑顔で患者を迎えた。

 「薬はちゃんと毎日のむんだよ」。11日午前、二本松市の復興住宅「石倉団地」にある浪江町営の仮設津島…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです