メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

冷え込み厳しく 稚内氷点下0.9度

 北海道は11日朝、9月下旬から10月下旬並みの冷え込みとなり、道北の稚内市沼川で最低気温が平年より10.4度低い氷点下0.9度まで下がった。北海道では観測網が整備された1976年以降、最も早い初冬日。地震で大きな被害が出た厚真町も平年より6.8度低い5.4度、札幌市も4.2度低い11度まで下がった。

 日本気象協会北海道支社によると、稚内の初冬日は、全国でも山頂を除くと81年の盛岡市藪川と並ぶ記録。道内の朝夕の冷え込みは12日も続き、地域によっては気温が氷点下になる可能性がある。

 北海道が大陸からの乾いた空気をもった高気圧に覆われ、晴れが続いて地表の熱が上空に逃げる放射冷却が強まったのが原因。北海道でのこれまでの初冬日の記録は85年(南富良野町幾寅)と95年(幌加内町朱鞠内)の9月15日だった。【野原寛史】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです