メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

コンテナ18個流され未回収 神戸・大阪両港

台風21号で流されたコンテナを回収する作業船=神戸市東灘区で2018年9月11日午前9時21分、木葉健二撮影

 台風21号が近畿地方に上陸して11日で1週間。過去最高の高潮を観測した神戸、大阪両港では計70個のコンテナが波にさらわれ、現在も18個が未回収のままだ。航路障害や環境被害などは報告されていないが、神戸市は「こんなに多くのコンテナが流れ出す被害は想定していなかった」と頭を抱える。

 国土交通省近畿地方整備局や神戸市によると、10日までに確認された流出コンテナは神戸港43個、大阪港27個の計70個で、うち神戸17個、大阪1個の計18個が未回収だ。

 神戸港では人工島・六甲アイランド(同市東灘区)のコンテナ43個が高潮にさらわれて流出した。うち26…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文600文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです