メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

コンテナ18個流され未回収 神戸・大阪両港

台風21号で流されたコンテナを回収する作業船=神戸市東灘区で2018年9月11日午前9時21分、木葉健二撮影

 台風21号が近畿地方に上陸して11日で1週間。過去最高の高潮を観測した神戸、大阪両港では計70個のコンテナが波にさらわれ、現在も18個が未回収のままだ。航路障害や環境被害などは報告されていないが、神戸市は「こんなに多くのコンテナが流れ出す被害は想定していなかった」と頭を抱える。

 国土交通省近畿地方整備局や神戸市によると、10日までに確認された流出コンテナは神戸港43個、大阪港27個の計70個で、うち神戸17個、大阪1個の計18個が未回収だ。

 神戸港では人工島・六甲アイランド(同市東灘区)のコンテナ43個が高潮にさらわれて流出した。うち26個は隣接する兵庫県芦屋市の浜辺や近くの海中などで見つかった。残り17個中13個は既に見つかっており、順次回収する。未発見の4個は海中の音波探査でも見つからず、市は港外に流されたとみている。

 もともと六甲アイランドや西隣のポートアイランドは、港湾業務に支障が出ることから防潮堤を設けておらず、高潮の被害を受けやすい。さらに今回の台風では、強風が波を巻き上げ、地表を駆け上がって多くのコンテナを流出させた。

 コンテナを回収する責任は本来、所有業者にあるが、今回は緊急処置として神戸市が作業にあたっている。市の担当者は「今後、港湾業者に台風時にはコンテナ同士を縛って流れにくくする『固縛(こばく)』を改めて促すなど、対策を呼びかけていく」としている。【目野創】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです