メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富田林逃走

大阪府警が一斉巡回 等身大ポスター掲示も

樋田容疑者の等身大ポスターを掲示し、手配書を市民らに手渡す富田林署員=2018年9月11日、土田暁彦撮影

 大阪府警富田林署で勾留中だった樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、府警は11日、樋田容疑者が潜伏している可能性がある府内の宿泊施設などを一斉に巡回した。また、容疑者の等身大ポスターを府内約10カ所の主要駅などに掲示したり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で手配書を配信したりして、12日で逃走から1カ月となるのを前に、市民に情報提供を呼びかけた。

 大阪市阿倍野区では、捜査員14人が午前10時からホテルやインターネットカフェなどを訪問。従業員らに樋田容疑者の身体特徴を記した手配書を渡し、「何とか早く捕まえたいと思っています」と呼びかけた。

 大阪府富田林市の近鉄富田林駅では午前9時から樋田容疑者の身長(163センチ)と同じサイズのポスターを掲示した。高校3年の女子生徒(17)は「まだ逃げているので怖い。戸締まりをしっかりしたい」と話した。ポスターはJR大阪駅や近鉄大阪難波駅などにも掲示。手配書はツイッターやLINE、インスタグラムでも配信する。府警はフリーダイヤル(0120・224・110)を新たに設置し、情報提供を呼びかけている。【柴山雄太、土田暁彦】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです