メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風疹流行

2014年以降最多 患者362人に

厚生労働省などが2013年に作成した風疹予防接種を呼びかけるポスター

 国立感染症研究所は11日、今年の風疹の患者数が2日までの集計で362人になったと発表した。すでに昨年1年間の約4倍に上り、大規模な流行があった2013年の後の5年間で最多となった。東京都や千葉県など関東の患者数が7割を超えるが、愛知県などでも増えており、全国に飛び火している。

 2日までの1週間の患者数は75人。報告数の多かった都道府県から順に、東京都28人、千葉県11人、神奈川県8人、愛知県7人、茨城県と埼玉県がそれぞれ5人。前週の患者数の97人からは減少した一方で、東京都や愛知県など患者数が増えているところもある。

 風疹は、患者のせきやくしゃみなどの飛沫(ひまつ)を吸い込むことで感染し、14~21日(平均16~1…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです