メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

先行きは懸念山積 年3.0%増の上方修正も

 内閣府が10日発表した今年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.7%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で3.0%増と、速報値(1.9%増)から大幅に上方修正された。ただ、景気の先行きはトランプ米政権が仕掛ける世界的な貿易摩擦による輸出停滞や、北海道の地震など災害多発に伴う悪影響も懸念され、楽観できない。【大久保渉】

 GDPが年率3.0%増を記録したのは、16年1~3月期(3・4%増)以来で、2年3カ月ぶりの高い成…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです