メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

国家情報院長が金正恩氏会談結果を安倍首相に説明

首相官邸を訪れた韓国国家情報院の徐薫院長(左)と握手を交わす安倍晋三首相=2018年9月10日午前8時55分、手塚耕一郎撮影

国家情報院長、金委員長のメッセージを安倍首相に伝える

 【堀山明子(ソウル)、川辺和将】安倍晋三首相は10日、韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長と首相官邸で会談した。徐氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団の一員として5日に北朝鮮を訪問し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談。徐氏は会談結果を首相に説明した。

     韓国側の説明によると、徐氏が「朝鮮半島の非核化と恒久的平和の定着のためには、南北と米朝の対話と協力はもちろん、日朝の関係改善が同時に進む時、最も望ましい結果が出る」と述べた。首相はこれに同意し、金委員長との会談に改めて意欲を示したという。

     徐氏は会談後、記者団に5日の金委員長との会談で「日朝関係についても議論した」と述べ、金委員長のメッセージを首相に伝えたことを明かしたが、メッセージの内容は記者団に説明しなかった。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
    4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
    5. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです