メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

板門店宣言、国会批准は南北首脳会談後に議論へ

 【ソウル堀山明子】韓国国会で文在寅(ムン・ジェイン)政権を支える与党「共に民主党」は10日、南北経済協力事業が盛り込まれた板門店(パンムンジョム)宣言の国会批准同意案について、18~20日に平壌で開催される南北首脳会談後に議論すると明らかにした。文政権は首脳会談前の批准を目指していたが、「批准は会談の手土産か」と保守系野党から反発を受け、事実上延期した形。代わりに与野党5党代表に訪朝団随行を呼びかけ、国会を挙げて南北協力を推進する枠組みを提起した。

     国会は、批准に賛成の与党と革新系2党で過半数を占める。しかし、外交統一委員長は保守系野党の「自由韓国党」が占めており、改革保守の「正しい未来党」とともに「非核化の進展」を批准条件に掲げ、委員会の審議入りで対立していた。

     与党の洪永杓(ホン・ヨンピョ)院内代表(国会対策委員長に相当)は10日、野党幹部との会合後、「首脳会談を控え、批准問題を政争化しない」と述べた。

     一方、首脳会談の韓国側準備委員長を務める任鍾※(イム・ジョンソク)大統領秘書室長は10日、200人規模で調整中の訪朝団に、国会議長や与野党5党の代表ら9人を招待したいと呼びかけた。「実現すれば、別途(特別な)日程を持てるよう北側と誠意を持って協議する」とも述べ、議員交流の推進を示唆した。

     現段階では保守系2党の代表は随行を拒否する姿勢。文政権と与党は同行するよう説得する構えだが、5党代表がそろうのは難しそうだ。

    ※は「析」の下に「日」

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
    3. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
    4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
    5. 福浦2000安打 美しい打撃、スカウトがほれた

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです