メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露首脳会談

共同経済活動実現へ工程表 領土進展なし

会談する安倍首相(左)とプーチン大統領=ウラジオストクで2018年9月10日、AP

 【ウラジオストク小山由宇、大前仁】安倍晋三首相は10日夜(日本時間同)、訪問先のロシア極東ウラジオストクでプーチン大統領と約2時間半、会談した。両首脳は、北方領土での共同経済活動で対象となる5項目を具体化するためのロードマップ(工程表)で合意。だが、領土問題については目立った進展はなかった模様だ。

 首相は共同記者発表で共同経済活動に関し「(北方領土)4島の未来像を描く作業の道筋がはっきりと見えてきた」と成果を強調。作業の調整のため民間調査団を10月初旬に派遣すると発表した。首相は日露平和条約が締結されていないことについて「異常な戦後がそのままになっている。私とプーチン大統領の間で終わらせる」と強調した。

 プーチン氏は「長年議論が続いている領土問題を一朝一夕で解決できないことはわかっている」と指摘したう…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1142文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです