メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

政府発表の犠牲者数食い違い「タイムラグ」

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、北海道地震の犠牲者数などが政府発表と北海道の発表で異なることについて「情報を把握して公表するまでにタイムラグ(時間差)があるためだ」と説明した。

     菅氏によると、政府は被害の早期把握のため警察、消防などの最新の数字を集約して発表。道については「関係機関から(情報が)上がる間にタイムラグがあり、(一時的に)違うことはあり得る。最終的に同じ数字になると思う」と述べた。

     今回の地震では安倍晋三首相が7日午前の関係閣僚会議で死者を「16人」と発言したが、午後に菅氏が「死者9人と心肺停止7人」に訂正。その後も首相官邸の発表の方が北海道より多い事態が続いていた。【高橋克哉】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
    2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
    4. セシウム マイタケ加工品から基準値超検出 福島 /福島
    5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです