メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過労死

トラックドライバー残業月158時間 労災申請

 トラックドライバーの男性(当時52歳)が心臓疾患で死亡したのは長時間労働による過労死だとして、男性の遺族が川口労働基準監督署に労災申請した。遺族代理人の川人博弁護士らが10日記者会見し、明らかにした。1カ月あたりの残業時間は100時間超が恒常化し、発症前1カ月は約158時間に上っていたという。

     男性は東京都足立区の運送会社「ライフサポート・エガワ」に勤めた武田正臣さん=埼玉県三郷市。お菓子を大手スーパーの物流センターに配送する業務などを担当。午前2時ごろから働き始め、普段は午後5時ごろまで、繁忙期は午後11時ごろまで勤務していたという。今年4月28日に配送先で倒れ、致死性不整脈で死亡した。

     代理人弁護士らが残業を調べたところ、タイムカード上の労働時間外に荷積みなどを行い、実態は会社が管理していた時間より月50~60時間多かった。同社は別会社を設け、従業員を運転業務と荷積みなどの業務に分担する形で雇用していたという。同社の代理人弁護士は取材に「真摯(しんし)に対応したい」と話した。【神足俊輔】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
    2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
    3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
    4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
    5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです