メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マッスルスーツ

作業支援ロボット装着し作付け

マッスルスーツを装着して農作業に取り組む柳川さん(右)=2018年9月10日午後、熊谷泰撮影

 東京都青梅市の有機野菜栽培農家で10日、重い物を運ぶ際に腰の負担を軽減する装着型の作業支援ロボット「マッスルスーツ」による作付けが公開された。東京理科大発のベンチャー企業「イノフィス」(新宿区)が、スーツを農家に無償貸与した。

 スーツは空気圧を利用したゴムのチューブの「人工筋肉」を背負い、呼気スイッチを口で吸うと作動する。最大で約35キロの補助力があり、作付けや作物の出荷など、中腰の姿勢で行わなければならない作業も楽にできるという。同社…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです