メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

座間9人殺害

動機は裁判へ 遺族悲しみ深く「先見えず」

現場アパート(左上)近くに供えられた花や供え物=神奈川県座間市で2017年11月10日、小出洋平撮影

 神奈川県座間市のアパートから男女9人の遺体が見つかった事件で、東京地検立川支部が10日、白石隆浩容疑者(27)を起訴したことで動機などの解明は裁判に委ねられることになった。事件発覚から10カ月余。被害者の家族や知人はそれぞれの思いでこの日を迎えた。

 夏休み最終日の8月26日、群馬県邑楽(おうら)町の寺で、女子高生(当時15歳)の一周忌の法要が営まれ、同級生ら約100人が参列した。親族によると「思い出してつらくなるから」と母親は出席を見送ったという。

 女子高生は2学期の始業式があった昨年8月28日朝、「学校に行く」と家を出たまま消息を絶った。家族は…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文792文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです