メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

館山の中2自殺

第三者委報告書 いじめ認定も解明至らず

 千葉県館山市で2008年9月10日、同市立中2年、田副勝(たぞえ・しょう)さん(当時13歳)が遺書を残して自宅で自殺し、遺族がいじめと関連があるか真相究明を求めている問題で、市の第三者委員会は勝さんの命日の10日、いじめがあったと認定したものの「自死を決意した原因の全容は解明に至らなかった」とする最終報告書をまとめた。

     勝さんの父義春さん(63)は「警察のような捜査権がなく、調査が十分にできなかったと思う。もう少し権限があれば真実に近づけたのでは」と無念さをにじませた。

     発生から10年を経て報告書がまとめられるのは異例。金丸謙一市長に報告書を提出した第三者委の委員長、大野精一・星槎大大学院教授は記者会見で、「事実認定で時間の壁は厚かった」と調査の難しさを漏らした。

     市教委はいじめを認めたが、自殺との因果関係は不明としたため、義春さんが市に要望し、16年3月に第三者委が設置された。第三者委は当時の同級生らに無記名アンケートや聞き取り調査を実施。その結果、母親が外国人であることをからかわれたり、「臭い」と言って制汗スプレーを吹き付けられたりするいじめがあったと認定。「学校生活で相当程度の精神的苦痛を受けていたことから、学校生活が始まるということが自死を決行させたと推認するのが合理的」とした。

     報告書では、勝さんが亡くなった後の学校側の対応について「重大事態が生じている状況における対応として十分であったかは疑問」と指摘。原因解明につながる生徒や教員への調査用紙の原本が破棄されたことなどが「遺族の不信感を増大させる原因となった」と市教委などの対応を批判した。【中島章隆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
    2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
    4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
    5. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです