メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

清水市代が女流タイトル戦最年長挑戦者に

女流王座戦五番勝負での健闘を誓う里見香奈女流王座(左)と清水市代女流六段=東京都渋谷区の将棋会館で2018年9月10日午後7時16分、丸山進撮影

 将棋の第8期女流王座戦の挑戦者決定戦が10日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、清水市代女流六段(49)が伊藤沙恵女流二段(24)に142手で勝って、里見香奈女流王座(26)=女流名人・女流王将・倉敷藤花=と五番勝負を戦うことになった。

 清水は第1期以来の女流王座戦登場で、49歳8カ月での挑戦権獲得は、2014年の倉敷藤花戦での山田久美女流四段(当時47歳8カ月)を上回る女流タイトル戦登場最年長記録となった。

 女流タイトル獲得43期で歴代1位の清水だが、女流タイトル戦登場は16年の女流名人戦以来となる。一般…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです