メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

避難者数なお5万8000人

 東日本大震災の発生から11日で7年半を迎える。復興庁によると、全国の避難者数は約5万8000人(8月現在)で、この半年間で約1万5000人減少した。岩手・宮城・福島の被災3県でプレハブの仮設住宅に暮らす被災者は5623人(8月末現在)に上り、復興への道のりは半ばだ。

 災害公営住宅(復興住宅)は計画戸数3万178戸(調整中を含む)に対し2万9124戸(7月末現在)が完成し、進捗(しんちょく)率は96.5%。内訳は、岩手91.1%、宮城98.4%、福島(原発避難者向け)96.3%で、遅れていた半島沿岸部などを中心に整備が進む。

 一方、被災地では高齢化が進む。被災3県によると、大きな被害が出た42市町村のうち高齢化率が公表され…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文671文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです