メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会頂上作戦4年

地元事業者の暴力団離れ顕著に

 2016年3月の福岡県暴力団排除条例改正で、暴力団による利益行為の要求に応じた事業者に対し、自主申告すればペナルティーを科さない制度が導入されて以降、福岡県警に15件の申告があり、うち14件が特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)関連だったことが県警への取材で明らかになった。県警が工藤会トップらを逮捕した14年9月の「頂上作戦」開始から11日で4年。事業者の工藤会離れが改めて浮き彫りになった。

 暴力団からみかじめ料(用心棒代)の支払いなどを要求された事業者は報復などを恐れて要求に応じ、申告す…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文821文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです