メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工藤会頂上作戦4年

「支払う業者も」容易でない完全決別

 要求を断ると一般人や民間企業をも襲撃し、恐れられた特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への「頂上作戦」から4年。福岡県警による取り締まり強化で多くの事業者が工藤会と決別し、過去の関係を申告する例も出てきた。一方で「表立ったみかじめ料の徴収は減ったが、今も支払う業者はいる」と話す関係者も少なくなく、長年続く暴力団との関係を完全に断つのは容易ではない。

 北九州市で解体業を営む男性は、かつて工事を受注すると工藤会関係者から電話でみかじめ料を要求され、断…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです