メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

協会、塚原夫妻の職務一時停止 パワハラ告発で

 体操のリオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(19)がパワーハラスメント被害を訴えたことを受け、日本体操協会は10日、東京都内で臨時理事会を開き、被害を告発された塚原千恵子女子強化本部長と夫の光男副会長の職務を一時的に停止すると発表した。

 日本協会は、第三者委員会の結論を踏まえ理事会で判断するまでの暫定措置としている。世界選手権(10月25日開幕、ドーハ)までに結論が出ない見通しのため、塚原強化本部長を世界選手権の指揮から外し、代行の人選などを進める。

 臨時理事会後、日本協会の山本宜史専務理事は「選手や指導者の練習環境を考慮して導いた結論」と説明。具志堅幸司副会長は「こんな騒ぎの状況で現場が円滑にいくのか」と疑問を呈し、塚原強化本部長が指揮を続けることについて、他の指導者から異論が出ていることを明らかにした。【田原和宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 台風24号 沖縄は大しけ 30日ごろ西日本直撃恐れ 
  4. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  5. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです