メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

横綱・稀勢の里、2連勝 他の横綱・大関陣も安泰

稀勢の里(左)が突き落としで貴景勝を降す=東京・両国国技館で2018年9月10日、玉城達郎撮影

 大相撲秋場所は2日目の10日、8場所連続休場から再起を期す横綱・稀勢の里は小結・貴景勝の攻めをしのいで初日から2連勝した。稀勢の里は幕内通算706勝目で、歴代7位の武蔵丸に並んだ。現役ではこの日、勢を破って歴代1位の988勝目を挙げた横綱・白鵬に続いて2位。他の横綱・大関陣も安泰で、カド番の栃ノ心は豊山を力強い相撲で降し、豪栄道は小結・玉鷲を退けて今場所初白星。大関昇進に挑む関脇・御嶽海は、千代大龍の突き押しを耐えて2勝目を挙げた。

    幕内通算勝利数◇

     力士名     勝利数

    (1)白鵬    988

    (2)魁皇    879

    (3)千代の富士 807

    (4)北の湖   804

    (5)大鵬    746

    (6)日馬富士  712

    (7)武蔵丸   706

    (7)稀勢の里  706

    丸囲み数字は順位。太字は現役

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
    3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
    4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
    5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです