メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

大坂のサーブ戦略の裏に日本テニス協会の分析

 大一番で勝敗を分ける一因になったのは、サーブに対する集中力の差だった。

 S・ウィリアムズは出だしから明らかに硬かった。威力のある第1サーブが決まらず、攻撃のリズムを作れない。大坂は第1セットの第1サーブ成功率が7割台と好調だったが、S・ウィリアムズは3割台に低迷。大坂はそこをうまくついた。

 第1セット第5ゲーム。S・ウィリアムズのダブルフォールトから流れを引き寄せ、ブレークに成功すると、第1セットをわずか33分で先取。第2セットもブレークされた直後の第5ゲームをS・ウィリアムズの2連続ダ…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文619文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. ORICON NEWS 内田也哉子、母・樹木希林さんの思い代弁 助演女優賞に「死人に賞をあげるなんて物好きねえ」
  5. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです