メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

災害 北海道 停電ほぼ解消も「節電を」

節電対策で札幌市営地下鉄東西線の運行を減らすことを知らせる貼り紙=さっぽろ駅で10日

 北海道ほっかいどうきた最大震度さいだいしんど7の地震じしんについて、北海道電力ほっかいどうでんりょくは8日午前ようかごぜん時時点じじてんで、北海道ほっかいどうのほぼ全域ぜんいきやく295万戸まんこのうち99%にたるやく293万戸まんこ停電ていでん解消かいしょうしたと発表はっぴょうしました。ただ、地震じしん影響えいきょう電力でんりょく供給きょうきゅう不安定ふあんていなため、世耕弘成せこうひろしげ経済産業大臣けいざいさんぎょうだいじんは「平常時へいじょうじよりも2わり節電せつでん目標もくひょうとして、最大限さいだいげん節電せつでんをおねがいしたい」とびかけました。

     北海道電力ほっかいどうでんりょく一時止いちじとまった火力発電所かりょくはつでんしょうごかしたり、本州ほんしゅうから送電そうでんけたりして必要ひつよう電力でんりょく確保かくほしました。しかし、道内どうない使用電力しようでんりょくのほぼ半分はんぶん供給きょうきゅうする苫東厚真火力発電所とまとうあつまかりょくはつでんしょ復旧ふっきゅうに1週間以上しゅうかんいじょうかかる見通みとおしです。節電せつでんをしなければ供給力きょうきゅうりょく不足ふそくし、計画停電けいかくていでんまれる可能性かのうせいもあります。道内どうないでは、鉄道てつどう運行うんこうらすなど節電せつでんみがはじまりました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです