メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BMW選手権

[速報]松山は通算14アンダー15位でフィニッシュ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

BMW選手権 最終日

PGAツアー第47戦 BMW選手権/ペンシルベニア州 アロニミンクGC

 ニュータウン・スクエア(ペンシルベニア州)で開催されたフェデックスカップ・プレーオフ第3戦のBMW選手権。日本人選手は松山英樹が出場した。雨天順延となった最終ラウンドは現地時間の月曜日に終了。松山は通算14アンダー15位でフィニッシュした。

MORE:BMW選手権の最新スコアはここをクリック!

 松山は通算13アンダー7位タイで最終日を迎え、この日も1番ホールからスタート。1番パー4でバーディを先行させたが、3番パー4をボギーとした。しかし、4番パー4でバーディを取り返し、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー4でバーディを加えたものの、14番パー3と15番パー4で連続ボギーを叩いた。その後、16番パー5でバーディを取り返した。

 結局、この日のスコアは4バーディ、3ボギーの1アンダー69(パー70)。通算14アンダー15位で今大会を終えた。

 松山はフェデックスカップ・ランキング27位に入り、プレーオフ最終戦のツアー選手権進出を決めた。

キーガン・ブラッドリー(左)が通算20アンダーで並んだジャスティン・ローズとのプレーオフを制し、勝利を手にした Photo by Hunter Martin/Getty Images

 優勝したのはキーガン・ブラッドリー(米国)。6アンダー64とスコアを伸ばし、通算20アンダーでジャスティン・ローズ(イングランド)と並んでプレーオフに突入。1ホール目の18番パー4でパーセーブを果たし、勝利を手にした。

 ローズは後続に1打差をつけて最終ホールを迎えたものの、最終18番パー4でボギーを叩き、プレーオフ1ホール目の18番パー4もボギーとして勝利を逃した。ただ、単独2位に入ったことで、自身初の世界ランキング1位に浮上した。

 首位と1打差の通算19アンダー3位タイに、ビリー・ホーシェル(米国)とザンダー・シャウフェレ(米国)の2人が並んだ。

 前年覇者のマーク・リーシュマン(豪州)は、通算4アンダー50位タイで最終日を迎え、2アンダー68でプレー。通算6アンダー41位タイ。

 フェデックスカップ・ランキング1位のブライソン・デシャンボー(米国)は、通算9アンダー26位タイで最終日を迎え、3アンダー67でプレー。通算12アンダー19位タイ。

 フェデックスカップ・ランキング2位のダスティン・ジョンソン(米国)は、通算8アンダー33位タイで最終日を迎え、3アンダー67でプレー。通算11アンダー24位タイだった。

 プレーオフ第3戦を終えて、フェデックスカップ・ランキングは1位デシャンボー、2位ローズ、3位トニー・フィナウ、4位ジョンソン、5位ジャスティン・トーマスとなった。上位5人は最終戦で勝利すれば無条件に年間王者が決まる。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです