メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BMW選手権

ブラッドリーが6年ぶりの勝利「この6年間にいろいろなことがあったよ」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

BMW選手権 最終日

PGAツアー第47戦 BMW選手権/ペンシルベニア州 アロニミンクGC

ブラッドリーが2012年8月以来のツアー4勝目

 雨のため順延となった最終ラウンドで、キーガン・ブラッドリーはジャスティン・ローズとのプレーオフを制し、6年ぶりのPGAツアー優勝を果たした。

MORE:BMW選手権の最新スコアはここをクリック!

 最終ラウンドを6アンダー64(パー70)でプレーし、通算20アンダーでローズと並んでプレーオフを戦ったブラッドリー。

 勝利を決めた瞬間、小雨交じりの曇空に両腕を掲げた。観戦していた家族を呼び寄せ、息子のローガン君を宙に放り投げて喜びを表現した。ブラッドリーが最後に優勝した2012年には、ローガン君はまだ生まれていなかった。

「この6年間にいろいろなことがあったよ。ボクはしばらくトップ争いから遠ざかっていた。ライダーカップやプレジデンツカップの代表に選ばれていたボクが、世界ランキング100位圏外まで後退していったのは辛かったよ」(ブラッドリー)

 コースは昨夜からの雨で濡れ、開始時間は遅くなった。最終ラウンドが月曜日のうちに終了したのは驚くべきことだった。

 だが、この日は小雨で、コースコンディションに戸惑う選手はほとんどいなかった。ただ、歩道は泥まみれだったので、ギャラリーは足を汚すことになった。

 ブラッドリーは今回の勝利によって、フェデックスカップ・ランキングを6位まで上昇させた。ブラッドリーがここまで順位を上げるのはこれまでで4度目。2012年のWGC-ブリヂストン招待以来、初めてだ。

 来年の初めにハワイのマウイ島で行われるセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(前シーズンの勝者のみが招待される大会)への出場権も獲得した。

ジャスティン・ローズはプレーオフで敗れ、惜しくも勝利を逃した Photo by Hunter Martin/Getty Images

 ローズは通算21アンダーで最終ホールを迎えたが、18番パー4でボギーを叩き、ブラッドリーとのプレーオフにもつれ込んだ。

 同じく18番パー4で行われたプレーオフ1ホール目でも、ローズは1.5メートルのパーパットを外し、敗退した。

 38歳のローズは、フィラデルフィア郊外のコースでゴルフをプレーしながら育った。ローズはアロニミンクGCで行われた2010年のAT&Tナショナル、近隣のメリオンGCで開催された2013年の全米オープンでそれぞれ優勝している。

 ローズは優勝を逃したものの、ダスティン・ジョンソンを抜いて世界ランキング1位に浮上した。イングランド出身の選手で世界1位の座を仕留めたのは、ニック・ファルド、リー・ウェストウッド、ルーク・ドナルドに続いて4人目だ。

「世界ランキング1位に立ったことは喜んでいるよ。子どものころからの夢だったんだ」(ローズ)

 ローズはフェデックスカップ・ランキングも2位まで順位を上げた。フェデックスカップ・ランキング1位につけているのは、フェデックスカップ・プレーオフ第1戦と第2戦で連勝したブライソン・デシャンボーだ。

タイガー・ウッズは5アンダー65と追い上げたが、首位と3打差の通算17アンダー6位タイだった Photo by Stan Badz/PGA TOUR

 この日も多くのファンがタイガー・ウッズを追いかけていた。とりわけ9番パー5でバーディを奪って首位と1打差まで詰め寄ったときの歓声はすごかった。ウッズはフロントナインで4つのバーディを奪って折り返した。

 しかし、ウッズは10番パー4でティーショットをバンカーに打ち込み、パーオンに失敗してボギーを叩いた。

 14番パー3でもティーショットをバンカーに落としてボギー。いくつかのミスが大きく響き、5アンダー65でホールアウト。通算17アンダー6位タイで今大会を終えた。

 アロニミンクGCでの過去のスコアと比較してみよう。このコースで72ホールを263ストローク以下でプレーした選手はすべて優勝しているが、今回の優勝スコアは260ストローク。ウッズは263ストロークで6位タイに終わっている。

「今日は(8アンダー)62くらいマークしなければ優勝できなかったかもしれない。それでも十分ではなかった可能性がある」(ウッズ)

 ウッズがツアー選手権まで駒を進めるのは、2013年以来初めてだ。ウッズはこのとき、すでに背中の痛みを患い始めていた。

 ウッズは昨年4月に4度目の手術を行った。昨年の今ごろ、ようやくチップショットとパットの練習ができるようになった。

「それを考えると、ツアー選手権までプレーできるようになったのは、素晴らしい回復ぶりだと思うよ」(ウッズ)

 一方、ジョーダン・スピースはフェデックスカップ・ランキング30位圏外に後退し、プロ人生で初めてツアー選手権進出を逃した。

 スピースはフェデックスカップ・ランキング27位で今大会を迎えたが、31位にはじき出された。最終ラウンドは3オーバー73と振るわず、通算3アンダー55位タイで終えた。


情報提供:PGA Tour

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです