メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

サウジ王女がパリのリッツホテルで宝飾品盗難被害、1億円相当か

 9月10日、サウジアラビアの王女の1人が、パリのリッツホテルのスイートルームから宝飾品80万ユーロ(約1億円)相当を盗まれたと届け出たことが分かった。警察筋が明らかにしたもので、王女の氏名は公表されていない。写真は2月撮影(2018年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

 [パリ 10日 ロイター] - サウジアラビアの王女の1人が、パリのリッツホテルのスイートルームから宝飾品80万ユーロ(約1億円)相当を盗まれたと届け出たことが分かった。警察筋が明らかにしたもので、王女の氏名は公表されていない。

     王女は、宝飾品は7日午後に盗まれたと訴え、検察に対し、持ち物を金庫に入れておかなかったと話したという。警察筋によると、部屋に侵入した形跡は見つかっていない。

     盗難が確認されれば、リッツホテルで今年2度目の被害となる。

     前回の事件は1月、おので武装した集団がロビーに押し入り、ショーウィンドウから数百万ドル相当の宝飾品を強奪。警察が施設内で3人を確保し、スクーターで逃走した2人は盗品を入れた鞄を落とすなどし、最終的にすべての宝飾品を回収できたという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです