メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米格闘家ジェフ・モンソン氏、ロシアの小さな町の議員に当選

 9月10日、今年5月にプーチン大統領からロシア市民権を与えられた米国出身の総合格闘家、ジェフ・モンソン氏(47)が9日、モスクワ郊外の小さな町、クラスノゴルスクの市議会議員に当選した。写真は2013年10月撮影(2018年 ロイター/Interpress/Andrei Pronin)

 [モスクワ 10日 ロイター] - 今年5月にプーチン大統領からロシア市民権を与えられた米国出身の総合格闘家、ジェフ・モンソン氏(47)が9日、モスクワ郊外の小さな町、クラスノゴルスクの市議会議員に当選した。

     愛称「スノーマン」として知られタトゥーが特徴のモンソン氏は、6月に与党「統一ロシア」から順位4番の候補として議会選挙への出馬を登録していた。今回の選挙の結果、得票率47.9%で統一ロシアが勝利し、モンソン氏は自動的に当選となった。

     ミネソタ州出身のモンソン氏は、2011年に初めてロシアを訪問して以来連帯を感じるようになったとして、2016年にロシア市民権を申請した。

     統一ロシアの支部によると、同氏は「クラスノゴルスクでの私の活動はすべて、ロシアへの愛によるもの」と述べたという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
    4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
    5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです