メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

心臓が飛び出して生まれた英国の赤ちゃん、3度の手術乗り越え親元に

 9月10日、心臓が体外に飛び出した状態である「逸脱心」で生まれ、3度の手術により生還した英国の赤ちゃんが、両親の元で過ごすことが認められるようになった。BBCが10日に伝えた。写真はBBC提供のロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

 [ロンドン 10日 ロイター] - 心臓が体外に飛び出した状態である「逸脱心」で生まれ、3度の手術により生還した英国の赤ちゃんが、両親の元で過ごすことが認められるようになった。BBCが10日に伝えた。

     赤ちゃんは、バネロピ・ホープ・ウィルキンズちゃん。昨年のクリスマスイブに生まれる予定だったが、逸脱心のため帝王切開で早産の必要が生じ、11月22日に生まれた。生還率は10%未満とされる状況だったが、3度の手術を乗り越え、自宅で両親とともに時間を過ごせるようになってきたという。

     自宅には病院と同じ治療設備を装備する必要があったが、退院してずっと家で過ごせるようになることも期待されている。

     逸脱心で生まれた赤ちゃんの生還は、英国ではバネロピちゃんが初のケースとみられている。 

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
    5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです